エギング初心者からの、脱出。

エギングは、リーダーの選び方でひとつで、ロスト激減・釣果も激増!

エギングをするときに、PEラインに直結していませんか?
まさか、そんなことはしていませんよね?

 

PEラインにエギを直結なんて、私がした過ちはやめましょう!
まぁ・・・。まったくつれませんし、エギをロストするだけです。

 

リーダーは必ず使いましょう。
リーダーの使い方で、釣果も変わりますし、エギのロストも減ります。

 

リーダーは、なぜ必要? PEライン直結じゃいけないの?

 

PEラインにエギを直結すればいいじゃないか!
そう思う人も多いと思います。

 

PEラインって、ナイロンラインより強いんでしょ?
そう思って、私もPEライン直結していました。

 

そもそも、リーダーって、なぜ必要なんでしょうか?
それがわかればリーダーの必要性がわかると思います。

 

PEラインは、ナイロンラインより強いです。

 

しかし、欠点もあります。
熱や、根ずれにはとことん弱いです。

 

岩場などの過酷な状況を攻めていくエギは、ライン自体も岩などにこすられていきます。
PEライン直結だと、岩にPEラインがこすれてすぐに切れてしまうんです。

 

また、PEラインは、視認性が強いものが多いです。
アオリイカはものすごく目がいいので、PEラインなんてすぐに見切られるんですよ。

 

リーダーを結んでいたら、岩でこすれた場合でもすぐに結び直しが出来ること、
さらに、透明なのでアオリイカに気づかれにくいことがあります。

 

もう一つは、エギングでエギをしゃくったときには、PEラインに負荷がかかります。
しかし、フロロカーボンなどのリーダーを使っていた場合は、フロロカーボンが伸びてくれます。
そのため、PEラインやロッド、最後には人への負荷を軽減してくれます。

 

また、アオリイカがかかったときにも伸縮してくれますので、身切れを防いでくれるんです。

 

リーダーは、ナイロン?フロロカーボン?どっちが良くてどう違うの?


リーダーには、ナイロンラインと、フロロカーボンがあります。

 

お財布事情が厳しい私は、安いナイロンラインを使っていました。
300mで、数百円で売っている道糸をリーダーの代わりにです。
30mで千円するフロロカーボンを買ってきて、家族にばれたときには、まぁ、すごく攻められるわけですよ。
釣具買うなら、何か食べに連れて行って欲しいと。

 

さて、ナイロンラインとフロロカーボンはどう違うのかをご説明しましょう。

 

ナイロンラインの利点です。

 

  • 1.価格が安い(300mでも数百円です)
  • 2.カラーリングが豊富にある。

 

欠点は

  • 1.劣化が早い(数ヶ月でダメになります)
  • 2.糸癖がつきやすい
  • 3.根ずれに弱い
  • 4.伸びることはあるが、縮むことが無い

 

 

フロロカーボンの利点は、

 

  • 1.伸縮性があるのでショックリーダーに最適
  • 2.糸癖がつきにくい
  • 3.根ずれに強い

 

欠点は、

  • 1.ナイロンラインより価格が高い。
  • 2.ナイロンラインより太くなる。

になります。

 

これを見れば、ピーンと来る人も多いと思います。
エギングの場合は、フロロカーボンがお勧めです。

 

根ずれに強く、伸縮性があり、糸癖がつきにくいフロロカーボンのほうがエギングに向いています。

 

ナイロンでも使えないことは無いのですが、一番困るのは糸癖なんです。
エギの動きを邪魔して、アオリイカの当たりがわからなくなっちゃうんですよ。

 

せっかくのあたりがあってもわからないんじゃ、エギングになりませんよね?

 

チャンスを広げて、いかに拾っていくかがエギングの釣果を伸ばすコツです。

 

リーダーの大きさは? どれをどう使えば、釣果が上げられる?

単刀直入に言うと、細いリーダーのほうがアオリイカから見つかりにくくなります。
つまり、細ければ細いほど釣れやすいんです。

 

これは間違いじゃないんです。
しかし、細ければいいと言うわけじゃありません。
細ければそれだけ、荷重に耐えることが出来ません。
切れやすくなってしまうんです。

 

私は、以前1.0号を愛用していました。
それは、ヒットチャンスを増やすためです。
もちろんヒットチャンスが増えて、多くゲットできるようになったんです。
しかし、エギのロストも数多くしました。
合わせたときに、ラインブレイクすることも多かったです。

 

それで、今は、1.5号をメインに使っています。

 

リーダーは、どのように使ったらいいのかをご説明しますね。

 

細い糸(1.5号)を使う場合
  • 3.0号以下のエギを使う場合
  • 水が澄んでいる場合
  • アオリイカの警戒心が強い場合

 

太い糸(2.0号〜3.0号)を使う場合
  • 3.5号以上のエギを使う場合
  • エソなどの歯の鋭いフィッシュイーターが居る場合
  • 岩場などで根ずれする場合

 

と言う風に使い分けてください。
これだけで釣果が、グッっとかわります。

 

 

リーダーについてお話しましたが、皆さんはわかりましたか?

 

リーダーは、エギングにとって最も重要なものの一つです。
なかには、30mで500円程度であるものもあります。
ですが、初心者と言う立場を考えるなら、50mで千円以上のリーダーをお勧めします。

 

なぜかって?

 

初心者がやってしまうミスの一つが、エギのロストを気にしすぎて攻めれないことなんです。
リーダーがちょっといいだけで、ロスとの心配をせずに、ガンガン攻めていけます。
それだけ人より差を付けれます。

 

なので、ちょっといいリーダーを使ってもらうと、1年後には腕に差がつきます。

 

あなたも良かったら参考にしてくださいね!

関連記事

これを使えば、釣果アップ間違いなし!アワビシートでエギチューン!