エギング初心者からの、脱出。

これを覚えれば格段にエギングが上手くなるテクニック5選 

エギングに行ってるのになかなか釣れない。
釣れてはいるんだけど、でかいのが釣れない。
エギングをしていると必ずぶち当たってしまう壁ですよね。

 

私も何度もこの壁にぶち当たっています。
こういう時って、ぜんぜん面白くないんですよね。

 

しかし、ちょっとしたテクニックでエギングがすごく上手くなって、壁を破ることが出来るんです。
その中から選んだ5つをご紹介します。

 

リーダーは、細ければ細いほどいい?1.5号でアオリイカを狙え!


エギをロストしたくない。
エギも高いですからね。1個なくすだけでも数百円から千円消えます。
私も今まで、いくつのエギをロストしたことか・・・。
総額いくらかなんて考えたくありません。

 

エギをロストしないためには、太いリーダーを付けるんです。
初心者は、太りリーダーをつけたほうがエギのロストが減って、ストラクチャーへガンガンアプローチが出来るのでお勧めなんですが、リーダーが太い分、アオリイカに見破られやすくなるんですよ。

 

知ってましたか?
アオリイカは、20m先の数センチしかない米との動きもわかるんです。

 

そこで、リーダーの太さを1.5号などの細いものに変えると、今まで釣れなかったのが不思議なくらい、釣れだします。

ギンギラギンで、エギを目立たせる!あわびシートの威力!


釣具屋さんに、あわびシートと言うものが売っています。
これを使うと、アオリイカへのアピールが強くなり、良くつれるようになります。

 

私は全てのエギに貼っています。
絶対にお勧めです。

 

私の中では、手軽に出来るエギチューンの一つです。
最初からカットされているものもありますので、とても簡単です。

 

このシートを貼ると、エギ自体は人工物なので決まった光しか反射しません。
ですが、このシートは、天然物のシートが殆どですので、自然な光の反射をします。

 

アオリイカにとっては、本物の餌に見えるようになるんです。

深い場所や夜釣りでもアピール力を挙げろ!


アオリイカは、薄暗い月夜でも目が見えます。
人間だと真っ暗にしか見えないのにすごいですよね!

 

光が届きにくい深い場所や、夜釣りでもちょっとしたテクニックで釣果に差が出るんです。

 

今回使うのは、ケイムラ塗料、蛍光塗料です。

 

蛍光塗料は皆さんご存知の通り、光を蓄積して、あわい光を放つようになる塗料です。
では、ケイムラ塗料とは何でしょう?それは、光の中に含まれる紫外線を反射する塗料です。
アオリイカは、エギから反射される光で、色を判断しています。
このケミカ塗料を塗っておくと、生きた魚が放つ反射光に近いものになり暗い場所でも見つけてもらいやすくなりますので、お勧めです。
こういった塗料を使うときは、風通しのいいところで使いましょう。
部屋の中で使っていたら、有機溶剤の臭いで気分が悪くなって、家族からも白い目で見られるようになります。

 

友達を呼んだときには、シンナーを・・・。
なんて思われたこともあるくらいです。

 

十分に注意しましょう。

エギを直接触らない。人の臭いが突いたら、アオリイカはつれなくなる。

エギをよく、べたべた触る人が居ますが、これはよくありません。

 

アオリイカなどのイカは、足に味覚を感じる機関があります。
なので、エギをせっかくだ居ても、人の臭いが付いていたら、危険だと思い抱いていたエギを放すんです。

もうこうなると、どんなことをやっても釣れません。

 

これは私が体験したことなのですが、友人と釣りに行ったときに、人がべたべた触ったエギをスイッチが入ったアオリイカの近くに持ってきたんです。
そうすると、アオリイカがエギをちょんと触ったらすぐに逃げていったんですよ。
友人のエギはべたべた触ってなかったのか、エギを抱いたまま放さなかったんです。

 

これぐらいアオリイカは、敏感に抱いたものの味がわかるんです。

 

エギを触るときは、シンカーの部分を触るようにしてくださいね。

エギに味を付けろ!簡単スプレーでシュッっと一吹き


エギを触ってしまったけどどうしよう。
エギが墨まみれで、汚れを落としても釣れないよ。

 

そういう時は、エギに味をつける方法があります。

 

それも簡単、スプレーでシュッと一吹きするだけなんです。

 

私もこれを愛用しています。
本当に釣果が変わるんですよ。
驚くのが、抱いたら放さない。
ためしに、ルアーにこれを付けてやってみたところ、ルアーでもアオリイカが抱いてきました。
それぐらい効果があるんです。

 

まとめ

どれも難しいことではないと思います。

  1. リーダーを細いものに変える
  2. あわびシートで目立たせる
  3. 蛍光塗料、ケイムラ塗料を塗る
  4. エギを直接さわらない
  5. エギに臭いスプレーをする

たったこれだけなんです。
たったこの5つを守るだけでも、アオリイカが釣れやすくなるテクニックなんです。

 

私が釣りに行って、実際につれないときは、この5つを思い出しています。

 

この5つを実行すると、釣れちゃうんですよね!
簡単に!

 

皆さんも実践して、釣果が駆ることを実感して見てください。

 

ケイムラって言われてもわかりづらいと思います。
私もどういうものなのかまったくわかりませんでした。

 

そこで、ケイムラ塗料が付いているエギを撮影した動画があります。
これを見れば、ケイムラ塗料を塗ったエギがどのようになるのかが一目瞭然です。
↓↓↓↓↓

 

また、現在進行形で、
初心者から中級者にまで持っていく
スマホで簡単に学べるエギング講座
ゆるーい感じで実施中です。

 

参加は超簡単!
下の「友達追加」をクリックするだけです!

 

友だち追加

 

現在は、知ったその日に釣果が1.5倍になる
「爆釣アワビシートチューン」のプレゼント付きです。
その後もドンドン、新しいネタを追加予定です。

 

(講座に参加されても、こちらからは名前もわかりません)
(なので、気楽に参加して下さいね!)