エギング初心者からの、脱出。

エギングのPEラインは、こう選べ!選び方とお勧めPEラインはこれだ!

エギングには必須のPEライン。
釣具屋さんに行ってもPEラインはたくさん売っています。

 

7年間エギングをして、いろいろなPEラインを使ってきました。
PEラインも、シーバス用、ロックフィッシュ用、ジギング用と状況によっていろいろなものがあります。

 

当然、安いものもありますが、高いものもあります。

 

安いものイコール、ダメなものと言うわけではありません。

 

中には、100mで数千円するほど高いものでもまったくダメダメで、すごく損した気持ちになったこともあります。

 

そうならないためにも、PEラインの選び方から、今まで使ってきたPEラインの中で、性能がいいものコストパフォーマンスがいいものをご紹介します。

 

PEラインはどう選ぶ? エギングに最適なラインを選ぶコツ!

PEラインもたくさんラインナップされています。
昔に比べてPEラインの性能もよくなってますし、一番は価格も低価格になってきています。

 

「PEラインは、どれも一緒だろ?」

 

いやいや違いますよ! まったく違います。
そう思って買って、意気揚々とリールに巻きなおしたまでは良かったのですが、早速フィールドに行って、こんなはずでは・・・。
という思いをしたことも多々あります。

 

そうなると、一日の釣行がテンション下がりまくりですよ・・・。

 

では、そうならないように、どのようなPEラインを選べばいいかをご紹介します

 

.引っ張り抵抗が強いもの

引っ張り抵抗と言うのは、釣具屋さんに聞いたら教えてくれます。
エギングはしゃくるときに、一気にラインに負荷がかかります。
引っ張り抵抗より強い負荷がかかると、切れてしまうんです。
そうならないために、引っ張り抵抗の強いものを選びましょう。

 

編みこみ本数の多いものを選ぶ

PEラインは、紐のように、細いラインを編んでから作られています。
通常案である本数は、4本なのですが、6本や8本のものもあります。
案である本数が多いものは、当然引っ張り抵抗も強くなりますし、しなやかになります。
当然、編みこみ本数が上がれば価格も上がります。

 

目立つ色のラインを選ぶ

PEラインは、様々な色があります。
白色から、青色、黒色など多種多様です。
エギングは、ラインの出方で、エギが底に付いたかどうか?や、当たりを取りますのでラインがどう動いているかを目視できるようにする必要があります。
当然、ナイトフィッシングもするわけですから、夜でも目視できるように色が付いているものが言いと言うわけです。
色としては、白や、オレンジがお勧めです。

 

ラインマーカーつきのを選ぶ

PEラインには、決まった長さおきにラインマーカーが付いているものがあります。
ラインマーカーがあると、どのくらいの飛距離が出ているか?
水深がどのくらいか?
あと何メートルで回収できるかが一目でわかります。
初心者は、ラインマーカーが付いているものをお勧めします。

 

私がお勧めするPEラインはこれだ!

 

「選び方はわかったけど、やっぱり不安だよ。」
と言う方には、私がお勧めするPEラインを使って見てはいかがですか?

 

今からご紹介するラインは、私が使ってよかったPEラインです。
買って損をした・・・。
なんて思わせることは無いくらい、自信を持ってご紹介します。

 

ユニチカ(UNITIKA) ライン キャスライン エギングPEII 150m 0.8号

 

初心者にお勧めする1本になります。

 

おススメポイントは

  • 10mごとに色が、5mと1mごとにマーカーが打ってあること
  • 150m巻きなので、75mずつ使えること
  • ラインの色が白色を基準にしているので夜でも見やすいこと
  • シンキングラインなので、エギを早く底に付けれること

 

次にご紹介するのが、ちょっと上を目指したい人向けの1本。

 

デュエル ハードコア X8 300m

 

こちらは、PEラインの中でも最も質が良いものになります。
私が使った中では、一番の性能です。
おススメポイントは、

  • 8本編みで引っ張り強度が強い
  • マーキングがされているので、扱いやすい
  • 他のラインよりしなやかなので、ライントラブルが少ない(個人的にですよ!)
  • 150〜300mのラインナップがあるので、買いだめできる
  • 他のラインより、耐久性が高い

 

最後に、ご紹介するのがコイツ

 

ゴーセン(GOSEN) ライン PEドンペペ

 

こちらは、ルアーフィッシングをしている人なら一度は聞いたことあるPEラインだと思います。
おススメポイントは、

  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • ルアーフィッシング全般に使える汎用性
  • フローティングラインなので、エギが底に着いたのがわかりやすい

 

エギングはしたいけど、お財布が・・・と、私のような人にはお勧めのラインです。

 

PEラインの選び方はわかりましたか?

 

最後に整理しておきますね。

 

  1. 引っ張り抵抗の強いものを選ぶ
  2. 編みこみ本数の多いものを選ぶ
  3. 目立つ色のPEラインを選ぶ
  4. ラインマーカーがあるものを選ぶ

 

この4つを守って、選んでください。

 

迷ってしまうと言う方は、私がお勧めするラインを使って見てください。

 

こんなはずじゃなかった・・・。なんて事にはさせません。
これは、私が自信を持って言えます!

 

関連記事
エギングは、リーダーの選び方でひとつで、ロスト激減・釣果も激増!