エギング初心者からの、脱出。

エギングのしゃくり方は、基本の組み合わせでOK。これで爆釣!

エギを投げて、ただ巻き。
エギを投げて放置・・・。

 

それでも釣れないことは無いのですが、釣れても稀です。
宝くじを当てるようなものです。

 

エギングの特徴。

 

他のルアーフィッシングにない独特のロッドアクション。

 

しゃくり

 

エギを動かし、アオリイカを誘うのに大切なロッドアクションです。

 

私自身、習得するのに1年かかりました。

 

しかし、あなたには、1年と言う時間を掛けなくていいように、エギングのしゃくり方を伝授します。

 

1段しゃくり、2段しゃくりで、しゃくりの基本をマスターせよ!

 

一番スタンダードなしゃくり方。
それが、1段しゃくり、2段しゃくりになります。

 

1段しゃくりは、
ボトムに付いたエギを、1度だけ大きくしゃくることです。

 

2段しゃくりは、
ボトムに付いたエギを、1度軽くしゃくり、2度目で大きくしゃくることです。

 

ここで注意してもらいたいことが2つあります。

 

  1. しゃくる前には、必ずラインスラッグを取り、エギにしっかりテンションを掛ける。
  2. ドラグを少し緩め、しゃくったときにラインが出るようにする。

 

この二つです。
この二つが出来ないと、エギが上手く動いてくれません。

 

ラインスラッグを取らないと、エギを跳ね上げることが出来ませんし。
ドラグを緩めておかないと、エギの動きが不自然になり、しゃくったときのテンションの逃げ場が無くなりますので、ラインブレイクすることにつながります。

 

この二つを覚えておけば、シャクリの基本はできます。

 

 

慣れてきたら、ジャークを覚えろ!リアクションバイトでアオリイカを誘う!

 

1段しゃくり、2段しゃくりには慣れてきたら
次は、ジャークを覚えましょう。

 

1段・2段しゃくりをしていてもアオリイカが反応しない。
浅瀬なのでしゃくったらアオリイカが水面から飛び出す。
エギをボトムに付けたくない。

 

そんなときには、ジャークを使いましょう。

 

やり方は簡単!

 

ジギングをするように、しゃくって巻いてをリズム良く繰り返すだけです。

 

しゃくりとちがうのが、エギの頭を右へ左へ振り、横のアピールが出来ることです。

 

しゃくりのように、弱った魚を演出するのではなく。

 

逃げ惑う魚を演出できるので、リアクションバイトを狙えます。

 

私は、初めて行くフィールドは、必ずジャークからはじめます。
通常のシャクリと違って、効率よく攻めることが出来るからです。

 

ジャークをするときに気をつけてもらいたいことがあります。
それはしゃくり同様、ラインスラッグを出さないと言うことです。

 

これだけは守ってくださいね!

 

 

どうしても釣れない。そんなときには、引きと組み合わせが利く!

 

教えたしゃくりと、ジャークをしているけど釣れないよ。

 

そういうことは多々あります。

 

私も数多く経験しています。

 

そんなときに役立つのが、「引き」と「組み合わせ」です。

 

引きは、簡単。
しゃくった後に、エギをまっすぐ引いてくるだけです。

 

たったこれだけです。
す〜〜っと引くだけで、警戒していないベイトがいるように演出できます。

 

そして次は、組み合わせ。
引きだけでは釣れません。
これは覚えておいてください。

 

なので、しゃくり、ジャーク、引きの3つを組み合わせることです。

 

ボトムに付いたら、

 

1段しゃくった後すぐに、ジャークを入れる。

 

ジャークを入れた後に、引きを入れる

 

引きを入れた後に、ジャークを入れる

 

このように、組み合わせることによって、アオリイカのスイッチを入れることが出来ます。

 

私の一番のおすすめは、2段しゃくりをした後に、3回ジャークを入れるのがおすすめです。
弱りきった魚が、最後に力を振り絞って逃げる様子を演出できるからです。

 

そして、私の経験上
このしゃくり方でのヒットが一番多いんです。

 

あなたも、シャクリをマスターして、組み合わせてエギングを楽しんでください。

 

基本の1段・2段しゃくり
横アピールのジャーク
そして、引き

 

これらを組み合わせて状況に合わせることが一番です。

 

また、現在進行形で、
初心者から中級者にまで持っていく
スマホで簡単に学べるエギング講座
ゆるーい感じで実施中です。

 

参加は超簡単!
下の「友達追加」をクリックするだけです!

 

友だち追加

 

現在は、知ったその日に釣果が1.5倍になる
「爆釣アワビシートチューン」のプレゼント付きです。
その後もドンドン、新しいネタを追加予定です。

 

(講座に参加されても、こちらからは名前もわかりません)
(なので、気楽に参加して下さいね!)