エギング初心者からの、脱出。

エギング初心者脱出秘策。フォールで食わせるタイミングを作れ!

フォール。

 

エギングで一番大切になるアクション。

 

フォールが上手くできないと、釣ることができません。

 

私は、フォールが下手でした。
エギを動かしていれば、釣れるものと思っていたんです。
そうすると、まったく釣れない。
釣れない理由もわかりませんでした。

 

ルアーフィッシングの全てに通じるのですが、フィッシュイーターが捕食するタイミングを作るのが必要なんです。

 

エギングの場合は、それがフォールなんです。

 

フォールは、大きく分けて、2種類あります。

 

その2種類についてご説明します。

 

フリーフォールで、幅広く探れ ! これが出来なきゃ台無しだ!

フォールの一つが、フリーフォールです。

 

初心者は、テンションフォールをすることが多いのですが、フリーフォールを先に覚えたほうがヒット率が上がります。

 

それはなぜか?

 

アオリイカは、エギをしゃくりあげたときに捕食スイッチが入ります。

 

そして、フォール中に抱きます。

 

フリーフォールの場合は、1回のキャストで、しゃくり回数が多くなります。

 

つまり、それだけ多くの誘いを掛けることができるのです。

 

また、春などに、昆布のような水面に向かって垂直に伸びる海藻が生い茂っている場合にも使えます。
海藻に、ひっかかることも少なくなりますからね!

 

フリーフォールのやり方は簡単。

 

しゃくった後に、ベイルをフリーにして、ラインを出してください。
ただ、それだけです。

 

このとき、ラインの出かたに注意してください。
途中で、ラインが不自然な動きをしたら、ラインスラッグを取って即刻あわせてください。

 

アオリイカがヒットしてますよ!

 

私は、フォールと言うことが良くわかりませんでしたので、フリーフォールばかりをしていました。
ただ、エギをボトムに早く付けたかったんです。
それが良かったのか、アオリイカのヒット率がよかったんです。
あなたもぜひ、フリーフォールからマスターしてください。

 

 

テンションフォール(カーブフォール)で抱かせろ!

アオリイカを抱かせる最後のポイント。

 

テンションフォール。

 

やり方は、簡単です。

 

しゃくった後に、ラインスラッグを取りボトムに付くまで待っているだけです。

 

簡単なことでしょ?

 

ですが、しゃくること=エギングと思っている方が多いので、出来ない人が多いんですね!

 

大事なのは、フォールなんです。

 

このテンションフォール。
フリーフォールに比べて、あたりや、ボトムに付いた感触がわかりやすいのが特徴です。

 

手元に、振動が伝わってきますからね!

 

ここで注意したいのが、テンションフォールのときの竿の角度です。

 

私は、フォール中のロッドは、上を向けていました。
後々気が付いたのですが、ロッドを上に向けると、エギの姿勢やフォールスピードが変わります。

 

エギの姿勢が、水平や、上向きに近くなるとなかなか抱かないんです。

 

フォール中は、ロッドを水平か、下に向けておくと大丈夫です。

 

 

私の釣り方は、フィールドに到着したら、5投ほど、フリーフォールで攻めます。

 

そして、テンションフォールに切り替えるやり方をしています。
このやり方をすると、ヒット率が高いんです。

 

フォールが出来てこそ、エギング!
と覚えてください。

 

フォールこそが、エギングのもっとも重要なことなんです。

 

フォールのやり方。

 

フォール中のエギングの動きの動画があります。
私もこの動画を見て、改めてフォールのことを勉強できました。

 

水中のイメージ。

 

エギの動きのイメージが出来ることが、更なる一歩への近道です。
そのことを忘れないでください。
↓↓↓↓