エギング アタリ 見極め

エギングはアタリを見極めが重要。

エギング初心者の頃、投げ入れたエギが何だか重い。
上げてみれば何だかわからないうちにイカが釣れていた…
なんて経験があると思います。

 

この「釣れていた」というのはエギングの面白さ、楽しさ半減というより、釣りが面白くないものになってしまいますね。

 

今はもちろん「釣れていた」というイカは殆ど無く「釣り上げた」というイカばかり。
アタリが分かればこの楽しさは倍増どころじゃない。
そこでわかりにくいアオリのアタリを見極める方法を下記に挙げたので参考にどうぞ。

 

ラインで見るアタリの取り方

ラインをしっかり見る事で、アタリをとることができます。
その方法を今から解説します。
エギをフリーフォール(エギに力を加えないよう落とし込む)させて、ラインにはスラック(糸ふけ)がでている場面を想像してください。
ラインにはマーカーが付いているものが見やすいです。

 

海面に浮いていたラインが急に走り出す。
止まったり不自然な動きがでる。

 

一瞬引っ張られて止まる。

 

一連のラインの動きはアオリイカがエギを抱いた合図です。
どんな変化も即アワセます。
秋口や晩夏の小型イカは見切れしやすいので聞きアワセ程度でも、掛かるが、春の親イカは大きくアワセを入れなければしっかりカンナに掛からないこともあります。
ラインでアタリをとる釣りはチヌの落とし込み釣りなんかにも応用できますから釣りのスキルも上がるというものです。

 

手で感じるアタリの取り方

 

この動画が参考になります。

横風がきついと、フリーフォールでラインを見る方法は使えません。
この場合は、テンションフォール(常にラインを貼った状態)を用いて、ラインを目で見るより、手で感じとります。

 

キャストする時の人差し指の使い方でPEを指の腹で掛ながら感じ、ロッド操作します。
手元まで来るアタリは誰にでもわかります。
コンと来たりスーッと持って行ったりテンションが無くなったりします。
どんな場合でも即アワセします。

 

もしアワセが失敗してもその場でステイさせたり、ジャークをすれば抱いてくるパターンがよくあります。

 

初心者がよく間違えるパターンに、エギがフォールして流れているだけなのにアオリが抱いていると勘違いすることがあります。
また、流れ藻(特に春から初夏に多い)やゴミをイカと間違えたりもします。

 

エギングを始めた頃はみんな一度は経験があると思います。
でも、経験を積めば、PEに触っているだけで、2枚潮や潮目等の海水密度の変化や、潮の速さの変化もわかるようになってきます。

 

ちょっと、かっこつけてみましたけど、今だに間違えることもありますよ。
アワセても動かない????
「海藻?」と思えばいきなりジェット噴射の逆パターンもありますからね(笑)

 

初心者のうちはアタリが分からずアワセても(間違っていた)パターンも多いですが
「疑わしきはアワセる」でスキルを上げるのが一番です。

 

アタリのとり方をまとめ

  • ラインが見えるならラインの変化でアタリを見極める。
  • 見えないラインは手、指で掴んで情報を伝達させる。
  • 少しの変化、疑わしきは電撃アワセ。

 

エギングの大敵!潮がみはご存知?潮が見の原因と対策とは?