エギング初心者からの、脱出。

初心者はエギング特有のマナーやルールを知っておこう!!

エギングには、マナーというか暗黙のルールがあります。
 
初心者だから知らなかったではすまないので、しっかり把握しておきましょう。

 

 

 

エサ釣りをしている人の近くで、エギを投げない。

「海はみんなものでしょう!」という主張もわからなくもないですが、
まだまだエギングは新参者です。

 

針にエサをつけ、じっくりと魚が食いつくのを待っている釣り人にとったら、
横でガンガン、エギを投げられたらたまったもんじゃありません。

 

エサ釣りをしている釣り人がいらっしゃったら、違う場所でエギングしましょう。

 

 

 

解禁日を知っておく。

実はイカを釣ってはいけない期間を定めている区域があります。
子イカを守るために、エギンガー達はみんあ解禁日まで、エギングをしません。
それを知らずに、エギングをしてしまったら・・・・
恐ろしや・・・・

 

 

 

船を固定しているロープや、イケスの網などにエギを引っ掛けない

イケスの側などは、イカが滞在している狙い目のポイントではあるのですが、
ポイントに的確にエギをキャスティングするのは、テクニックが必要です。
誤って、エギをひっかけてしまうと、漁師さんに多大な迷惑がかかります。
初心者は手を出さない方がいいですね。

 

 

 

漁船が近づいてきたらエギを投げるのをやめる

どうせ、漁船が近づくと釣れません。
運悪く、船底にエギがひっかかると、エギはロストするし、
漁師さんにも迷惑がかかるし、なに一つ良いことがありません。

 

 

 

他にも、エギングにかかわらず、釣り人のマナーとして、
車の駐車場所や、騒音など、当たり前のマナーを守ることも必要です。

 

きちんとマナーを守って、エギングを楽しんでください!!

関連記事

エギング初心者が揃えておきたい最低限必要な道具はコチラ