エギング 初心者 アワセ 

エギング初心者脱出のためのアオリイカアワセ術4パターン

私はアオリイカ釣りをエギング、ウキ釣り、ヤエンで狙います。

 

ところで、アオリイカのアワセ方って難しくないですか?

 

他の釣りに比べると難易度が高いアワセ術が必要なので、
初心者がつまづくケースも多いんですよね。

 

今回の記事では、エギングでのアワセ方をもちろんのこと、
ウキ釣りや、ヤエンのアワセ方もお伝えしていますので、
3パターンのイカ釣りに対応できるようになってます。

 

知らない間に釣れてた状態から、狙って釣りあげてやったぞ!と、言えるように、
なってくださいね。

 

 

初心者も、覚えやすいエギングの簡単アワセ術。

エギングのアワセは難しいと感じるかもしれませんが、
それは、アタリのパターンがおおまかに4パターンもあるためです。

 

ここでは、どういったパターンがあるのか、
また、パターン毎にどういう合わせ方が必要なのかを解説していきます。

 

シャクったすぐ後のふけたラインが沖に走って行った場合

イカはエギを根元まで抱きこんでいます。小型のアオリイカのパターンで多いです。
ロッドをゆっくり大きく立ててアワセます。
利きアワセです。

 

 

フォール中のアタリでラインが止まったりするアタリ

蝕腕2本に掛かる場合が多いため、
ロッドを大きく振りあげない程度に鋭くアワセています。

 

横風が強かったり波がある時は非常にアタリが分かりにくいので、
少しでも今までとは違うなと思えばシャクリ兼アワセをします。

 

違和感を感じればとりあえずアワセてかまいません。

 

コツコツとしたアタリ

これをを感じてアワセた場合も蝕腕に掛かりますが、
蝕腕1本だけに掛かっている場合があり、

 

その場合、身切れを起こしたり、
逆にカンナが十分刺さっていないままバレることがあります。(
イカパンチ)と呼ばれるものですね。

 

エギの水平移動、カーブフォールで重量感あるアタリ

この時は大きくロッド全体をしならせるようにスローにアワセます。
横抱きの時等足元までカンナに掛からず着いてきてエギを離されたこともあります。
墨を吐かれたらしばらくポイントを寝かせる必要がありますね。

 

補足

ロッドを変えた時などは、同じアワセ方をしても、しっかりカンナが掛からなかったり
ゲソだけとなったりするので注意します。

 

ウキ釣りの場合のアワセ術も知っときましょ!


一般にウキ釣りと言うとウキが沈んだらアワセ、
あるいはウキが見えなくなるまで待ってからアワセるとかですが、

 

アオリイカのウキ釣りの場合、
使っているシカケの種類にもよりますし
エサの種類大きさでも違います。

 

エサには一般にアジを使いますが、
このアジもマアジ(平アジ)とマルアジ(青アジ)の2種類があり、
マルアジのほうが管理が難しくすぐに弱ります。
でも喰いは抜群です。

 

 

基本的にアオリイカは魚の首根っこから食べます。
そこで殺しておいてから食べ始めるので、
ウキが沈んで即アワセでは、アオリイカは滅多に掛かりません。

 

(もし間違ってアワセてもそのままにしておくともう1回アタルことが多い)
アオリイカの大きさとエサを想像して
イカがエサを食べるのに夢中になって
掛針にかかるだろうと言うところでアワセます。

 

 

良く指南書では5分待ってとか書いてますが
大型アオリの場合だと、
エサのコアジを平らげるのに5分待てば無くなっている可能性もあります。

 

最後は、ヤエンを使う場合のアワセ


使うヤエンによってサオの操作の仕方、アワセが違います。

 

私のおすすめのヤエンはローラーが付いた跳ねあがり式ヤエンです。
このヤエンでは明確なアワセは要りません。

 

昔のヤエンはイカと釣り人の角度が大問題でした。

 

寄せ過ぎても角度が急になりすぎて
ヤエンのスピードが付きすぎてビックリしたアオリイカは
エサを離してしまうし
逆に遠いとヤエンが到達しないというジレンマがありました。

 

 

上のローラーヤエンは浅い角度でも十分滑ってくれるし、
軽いのでエサをかじっているイカをビックリさせることはありません。

 

またアワセもヤエンがイカに到達してから
ミチイトを軽く張れば跳ね上がるので胴体にがっちり針がかりします。

 

以前のタイプのようにミチイトを張ったり緩めたりしないでも
スーッとイカの下に掛針が潜り込みミチイトを
軽く張るだけでイカが走り出すので、
藻や根ガカリに注意してやり取りを楽しむだけです。

 

 

まとめ

エギングでは疑わしきはアワセます。

 

ウキ釣りでは、エサの小魚はじっくり喰わせます。
エサの種類でも早喰いと遅喰いがあります。

 

跳ね上がり式ヤエンでは、アワセは不要です。

 

エギングの大敵!潮がみはご存知?潮が見の原因と対策とは?