エギング初心者7日間脱出講座

アオリイカは船から狙うと、初心者でもほぼ間違いなく釣れます。

 

ここ数年のアオリイカ釣りの
人気は凄まじいですよね。

 

 

釣れていると言う噂が流れれば、
防波堤はラッシュアワー並みの混雑ぶり、
しかも24時間入れ替わり立ち代わりに
叩かれ続けてます。

 

 

漁業者が、キャストして届く範囲に
ロープを2本も沈めておくと、
2日もすればエギが鈴なりで掛かっていると、
悪そうな顔で話していました・・・
正直言って、かなり感じ悪い人でした・・・

 

 

いきなり脱線していまいましたが、
ここまで、人が多いと、
陸からではバージンポイントを
見つけるのは難しくなってきてるので、

 

 

初心者には
どんどん釣りづらい状況になってきてます。

人気が出るのはうれしいけど、
ちょっと人が多すぎるかな・・・

 

 

去年の秋のことです。
ある人気ポイントで
ずいぶん、釣り人同士の間隔が空いており、

 

 

「すいません。隣で釣ってもいいですか?」
と訪ねたところ

 

 

「海はこんなに広いんだから、
別の所に行け」
と言われてしまいました。

 

 

この人も感じ悪いですが、
言ってることは間違っていません。

 

 

そうなんです。
確かに海は広いんです。

 

 

舳の先に広がる水平線は
非日常的でドキドキハラハラの連続です。
まだ誰も攻めていない
バージンポイントにめぐり合うこともあります。

 

 

そうです!いざ、船出の時!
アオリイカを船から狙うのは
エサ釣りでもエギでも狙えます。

 

 

ここではエギを使った釣りを
中心に書いていますが、
陸からのエギングで
ボウズ続きだったエギンガーも
船からだとまずボウズは無いと思います。

 

ちょっとマニアックに

4種類のエギングを紹介します。


アオリイカの船からのエギングは大きく分けて

  • キャスティング
  • ティップラン
  • 中オモリを使ったバーチカ
  • 胴突きエギング

の4つがあります。

 

キャスティングは、浅場を狙う際に使う手法。

 

キャスティングのタックルは防波堤の
エギングスタイルと
基本的には同じといえます。

 

ロッド

陸っぱりのエギングで使用するロッドは
遠投する必要があるので
8〜9ftを主に使いますが、

 

 

ポイント近くに移動できる
ボートエギングの場合は、
ライントラブルや取り回しを重視し
6〜8ft程度が使いやすい
のですが、
わざわざ購入する必要はありません。
なければ、8〜9ftでいきましょう。

 

リール

スピニングリールは小型のもので
2000〜2500番ぐらいの軽いもの
を使います。
最近はエギング用として
高価なものも出ていますが、
ボートエギングでは必要ありません。

 

エギ

エギはおもに3.5号を使いますが、
これは中・深場でも
共通して使えるというメリットがあります。

 

 

アオリイカの乗りの悪いときになどは、
沈下速度の遅い2.5号や3号を使って
アピールするということも考えられます。

 

 

しかし、
着水してからのカウントによって
タナをとる釣りですので
同じ沈下スピードのエギを使った方が
エギのポジションを
イメージしやすいと思います。

 

 

エギのカラーは、なんでもかまいません。
気に入ったものを使えばOKです。
釣り方も
岸からのエギングスタイルと
一緒なので、簡単です。

 

 

ティップランエギングなら初心者でも簡単にアワセまくれる!

ティップランエギングとは、
専用のエギを使い、
ボートをどてら流しにしてエギを流し、
穂先の動きを見て
アタリを取る方法です。

 

この繊細なアタリを取るために、
通常のエギングロッドとは違って、
驚くほど穂先の柔らかい
ティップラン専用ロッドを使います。

 

それによって
従来の押さえ込むアタリだけでなく、
竿が戻るアタリも拾えるというのが
ティップランエギングの最大の特徴です。

 

簡単に言うと、
アタリがめっちゃわかりやすいんです!

 

リールには小型のスピニングリールで、
軽くてドラグ性能の良いものが適しています。

 

0.6号中心の細いPEラインがメインになりますから、
番手の後に「S」のついた浅溝タイプが
使いやすいです。

 

これらロッドもリールも
陸からのエギングタックルを揃えているなら、
最初は新しく買い替える必要は
特に感じません。

 

 

しかし
この釣りにはまればアナタの足
は釣り具屋に向いているはずです。

 

はっきり言って、
ヤバいくらい楽しいです。

 

ラインはPE0.6号を基本に
0.4〜0.8号を使います。
0.4号を使うと底取りや感度が
驚く程よくなります。

 

あまり細いラインは根ガカリに弱いし、
他の釣りへの転用も
限定的になってくるので、
私は0.8号を使っています。

 

使用するエギ

 

エギは3.5号で20〜35gの
ティップランエギング専用が
各メーカーから発売されていて、
専用ならではの
操作性とアクションが魅力です。

 

アゴリグなどの
ナス型シンカーを使えば、
今まで使っていたエギが
そのまま流用できます。

 

この場合はエギを替えることなく
重さの違うシンカーのみを
交換できるというメリットもあります。

 

ただし、上下の動き中心で
ダートには向いていません

 

着底の感覚は慣れるまで難しいです。
ボートの流れるスピードと
ラインの出方のスピードをつかんでください。

 

釣り方は底を取ったら
5?7回シャクリを入れます。

 

人によっては10回。
3回の人も・・・。
春先は緩く少な目がいいみたいです。

 

リーリングしながらスラッグ(糸ふけ)を
作らないようにシャクルのが普通です。

 

風の日にリーリングしないで
竿を上に上げてシャクルと
穂先にラインが絡みやすく
穂先を折るなどリスクもあるから注意です

 

ステイ(エギの停止)時間

シャクッた後に
ピタと穂先を止めてアタリを待ちますが、
5秒も流さないうちに
アタリが出ることが多いです。

 

5秒待ってアタリが出なければ
再度落としてシャクリ直すか、
または
水平移動で底上2メートルを流します。

 

カケアガリで
すぐ根ガカリと言う事態にならないように
船長とのコミニュケーションが
重要な釣りでもあります。

 

アタリとエギの種類

エギの抵抗で曲がっている穂先が
フワっと真っ直ぐに戻る
「モドリアタリ」(ティップランらしいアタリ)、

 

フワフワと2?3センチ揺れるアタリ(波と間違う)、

 

パンっとほんの5ミリか
1センチ穂先が入るアタリもありますし

 

グワーンと穂先が
持って行かれるアタリもあります。

 

とにかく穂先がおかしいと思ったら
合わせを入れてください。

 

波による穂先の揺れを
アタリと間違いやすいですが
1時間もすれば、
わかるようになってきますよ。

 

 

中オモリ式バーチカルエギングでは、

エギングロッドはかえって不向き

 

中オモリ式バーチカルエギングは
エギングロッドは必要としません。

 

ロッド

船アオリ竿や胴調子で
柔らかめな竿が向いています。

 

また先調子の固い竿は
エギが動きすぎて
ぎこちない動きになったり、
腕が疲れます。

 

リール

リールは小型の両軸リールで、
軽くてスプールの回転が
スムーズなもの
を選びたいです。

 

バス用でもかまいませんし
スピニングでも使えないことはありません。

 

ライン

リールに巻くラインは
PEライン1〜2号で1mごとの
マーキングが入っているものを選びます。

 

この釣りではタナをとる必要がありますから、
マーキングの無いものを使う場合は
そのリールがハンドル1回転で
何センチ巻けるかを
知っておかなければいけません。

 

エギ

浅場の釣りと同じく3.5号を使います。

 

船の流し方は
ティップランのドテラ流しとは違い、
スパンカーを立てて
潮に乗せる流し方です。

 

着底はティップランより解りやすいです。
すぐに2メートル程上げたレンジを誘います。

 

中オモリはレンジシンカーとも呼ばれます。

 

シャクリ方はティップランと変わりませんが
レンジシンカーとエギが絡まないようにします。

 

シャクった後、
オモリを跳ね上げたまま
次のシャクリ動作をした時に
ハリスが伸び切っていないので
エギが絡むことが多いようです。

 

胴突きエギングは重いオモリが使える。

 

一番深場を探れるエギングです。
アゴリグの改良型と解釈しても、
胴突きシカケでエサの代わりに
エギが付いていると解釈してもいいです。

 

サオ、リールは
中オモリエギングと同じものが使えます。

 

重いオモリが使えるということから、
乗合船でも多いのがこの釣り方です。

 

乗合船では
エギを人より目立たせる必要があります。

 

人と違うシャクリや
アワビシール等も効果ですが、
夜間や深場の釣りであるので
ケミホタルも有効です。

 

ただしタチウオ釣りの時のように
大きいものでは使いません。
点発光のほうが効果があります。
シャクリ方やタナの取り方は
中オモリと同じです。

 

まとめ

 

とにかくアオリイカを釣りたいなら
船からのほうが有利です。

 

はじめのうちは、
詳しい方と一緒に行かれて、
船での釣り方を教わるのがいいですね。
釣り具店に、
きさくな船長などを
紹介してもらうこともおすすめです。

 

また、現在進行形で、
初心者から中級者にまで持っていく
スマホで簡単に学べるエギング講座
ゆるーい感じで実施中です。

 

参加は超簡単!
下の「友達追加」をクリックするだけです!

 

友だち追加

 

現在は、知ったその日に釣果が1.5倍になる
「爆釣アワビシートチューン」のプレゼント付きです。
その後もドンドン、新しいネタを追加予定です。

 

(講座に参加されても、こちらからは名前もわかりません)
(なので、気楽に参加して下さいね!)