エギング 初心者 梅雨

釣れない梅雨時期の初心者エギング攻略法は、これだ!

 

アオリイカの産卵時期は春。
そして、卵からかえって、新子シーズンになるのは秋。

 

1年を通して、アオリイカが一番、釣りにくいシーズンは、梅雨時期なんです。
私自身、梅雨時期が一番仕事が楽で休みが多くなるので、梅雨によく行っていたんです。

 

しかし、釣れない。

 

しかも、鶴となると雨の中での釣行になります。
嫁さんからは、もはや変人扱いされる始末(涙)
本当に、梅雨時期のエギングは、いくら行っても釣れないんですよね。

 

だけど、釣れたらキロアップは確実なんです。
今回は、梅雨時期のエギング攻略法を伝授しますね!

 

梅雨時期の攻略法は、釣れない理由を探れ!

梅雨時期は、皆さん知ってのとおり、雨が良く降ります。

 

雨が良く降るということは?
つまり?
海水の塩分濃度が下がって、水潮という現象が起きます。

 

うろこがあるような魚の場合は、問題が少ないのですが、
アオリイカの場合は、塩分濃度の変化に敏感なんです。
アオリイカにとって、塩分濃度が下がるととても住みにくい環境になります。

 

また、雨が降るということは、当然気圧が下がります。
なので、浮力調整などが難しくなって、うまく浮いていることが出来なくなるんです。

 

さらに、海も当然、濁ります。
ごみも増えます。
アオリイカにとって、とても住みにくい環境なります。

 

とどめに、春を過ぎると、アオリイカはほとんどが産卵をして死んでしまいます。

 

結論を言うと、梅雨時期は、釣りづらい環境で、
なおかつ、個体数が少ない中の悪条件がそろった釣りになるということなんです。

 

梅雨時期は、ボトムを攻めろ!

 

梅雨時期の攻略法として、一番いえるのが、環境の変化が乏しい場所。
つまり、ボトムを重点的に攻めるということです。
しかし、ただボトムを攻めればいいというわけではありません。
どこのボトムを攻めるかを考えないといけません。
これは私の経験上ですよ!

 

 岸から一気に水深が深くなっているところを選ぶ
 潮通しがよく、よく流れる場所を選ぶ
 ボトムが砂地より、岩や藻場などのポイントを選ぶ。

 

と、ポイントは3つです。

 

なぜかって?

 

岸から一気に水深が深くなっているところになると、
水深が深いため、梅雨の雨でも、
海水の塩分濃度があまり変わらないポイント攻める事が出来るからです。

 

また、潮通しがよく、流れる場所は、沖から新鮮な海水が流れ込んでくるため、
塩分濃度が安定し、米とも潮の流れに乗ってきますのでお勧めです。

 

最後に、砂地より、岩や藻場のポイントを選ぶのは、
エソなどが沸くとアオリイカが釣れなくなるからです。

 

梅雨時期のエギングについては、たったこれだけのポイントなんです。
これだけ選べば、釣れる確立はドーーーーーンとあがります。

 

この時期のアオリイカは、釣れればキロアップは当たり前ですので、ぜひチャレンジしてください。

 

こちらは、梅雨時期のエギングで、1800gのアオリイカを上げている動画です。
梅雨時期で縺れるということの証明です!
良かったらこの動画を見て、気合を入れて露のエギングに挑みましょう!

 

こちらは、梅雨時期のエギングで、1800gのアオリイカを上げている動画です。
梅雨時期で縺れるということの証明です!
良かったらこの動画を見て、気合を入れて露のエギングに挑みましょう!

 

 

関連記事
エギングは雨だと釣れない?〇〇を抑えて、ピンチをチャンスに変える!