エギング初心者からの、脱出。

夏のアオリイカエギング攻略法は、ポイント開拓を徹底しろ!

 

 

 

 

夏の暑い時期!
ビーチには、水着のお姉ちゃん達が海水浴をして目の保養に・・・
なんていってられません。
いや、本当は私は見たいです。

 

ゴホン!
アオリイカは一年中釣れるんです。
そして、夏のエギングは、エギンガーがもっとも動く時期になります。
それは、ポイントを開拓するために、地磯や離島へ渡ったりするからです。

 

私もこの時期は、家族サービスと家族に言って離島へ渡ったり、海水浴に連れて行くといって、ポイントを開拓しています。

 

え? 最低だって?

 

世の人はこういいました。

 

「男のロマンは、女の不満」と・・・。

 

夏でもアオリイカはつれるの?

 

一般的に、夏のエギングでアオリイカは釣れません。
これは常識なんです。

 

私自身、夏にエギングをして、ほとんど釣れたことがないです。
初心者のときは、こりもせずに毎日行って、ボーズでトボトボ帰ってきてました。

 

なぜ釣れないかというと、アオリイカは春に卵を産むと死んでしまいます。
アオリイカの寿命は、1年なので夏にはほとんどいません。

 

ですが、釣れるポイントもあります。
それは、定期船で渡れる離島や、潮通りのいい地磯などでは釣れるんです。

 

エギンガーは、夏の間にこういったポイントを釣り歩き、開拓していきます。

 

ポイント開拓の第一歩は、定期船で離島へ渡れ!

 

港に行くと、〇〇島定期船と書かれた乗り合い所や、船着場があります。
船で移動すると言っても、長くて1時間もかからないところで十分です。
短いものなら10分程度で付くところもあります。

 

ここから船に乗り、ポイント開拓に行きましょう。

 

ですが、私は船に弱いのですぐに酔ってしまいます。
乗って5分で・・・。おっとここからはやめておきます。
そういった方は、乗る前に酔い止めを飲んでおくと大丈夫ですよ。

 

私は、いつも飲んでますから(履いてますから風で・・・)

 

 

離島に渡ったら地元の人に挨拶を!

 

離島に渡ったら、地元の人に挨拶をしましょう。
挨拶は大切ですよね!

 

エギングと関係ない?

 

実はここから、ポイント開拓は始まっています。
離島と言っても、ポイントは広大です。
とても一日じゃ開拓できません。

 

なので、有力なポイントを探すのに手っ取り早いのは、地元の人に聞くことです。
離島の人は、人と話すことが好きな人が多いので、教えてくれることが多いです。

 

教えてもらったら、すぐさまそのポイントへ行きましょう。

 

私が離島にはじめて渡ったときは、地元の猟師さんと1時間ほど話していました。

 

その時に、地元の猟師さんから、春になるとデカイアリイカが釣れる秘密のポイントがある。
と、教えてもらって、春に行って見ると・・・。

 

なんと!
1キロオーバーのアオリイカが、1日でですよ!?

 

13杯も釣れたんです。

 

 

地元の漁師さんから聞かなければこんな素敵な体験は出来ませんでした。

 

 

離島でなくても釣れる!夏のアオリイカポイント選び

 

夏のアオリイカハ、漁港で釣ってもなかなか釣れません。
前にも話したとおり、春に産卵をしてほとんどが死んでしまっているからです。

 

ですが、中には生き残っているアオリイカもいます。

 

今は、夏・・・。
人間で言うと、暑い中、動きたくはない。
ということは、水温が安定しているところにいるということです。
そこは、ボトムや、潮が流れるところです。

 

ですが、潮が流れるところは、エギにとってはとてもつりにくいところになります。
釣っていても、エギが流されて釣りになりません。
なので、冬のアオリイカ同様ボトムを狙っていきましょう。推進が10m以上あるところがお勧めです。

 

私は、浅い吐露ばかり狙っていっていた時期がありましたが、ま〜〜〜ったく釣れませんでした。

 

エギをロストするばかり・・・。

 

しかし、ちょっと水深があるところで釣ってみると、不思議とつれるんですよね!

 

夏は家族連れのファミリーフィッシングが多い時期です。
隣でアオリイカを釣ると、人気の的になって、優越感に浸ってます!

 

夏のアオリイカエギングは、ポイント開拓をしてなんぼの時期です。
ポイント開拓をしながら、横目でチラチラ水着のお姉ちゃんを見たくなりますが
我慢我慢!

 

ここで開拓したポイントが、秋、冬、春エギングの釣果を分けて行きます。
また、地元の漁師さんとのふれあいも大切ですが、仕事中には声を掛けないようにしましょうね!
海の男は怖いですよ。
それでは、定期船で離島へのプチ旅行をかねたポイント開拓へレッツ・ゴー!

 

夏のエギングをしている参考動画がありました。
釣り場所はやっぱり離島なんですよね!
この動画を見ていると、離島でのエギングをしたくてウズウズしてきます!
あ〜エギングに行きたい!
↓↓↓↓