ハイギア エギング

ハイギアのリールは、使えるの?ハイギアでのエギング攻略法とは?

私は、ハイギアタイプものを好んで使っています。
なれてくると、意外と釣りやすいんですよね。

 

ちなみに、ハイギアのリールというのは、ハンドルを1回、回転させることで巻き上げる
ラインの量が、同型の通常のリールより多いものを言います。

 

今回は、ハイギアリールを使ったエギング攻略法をご説明します!

 

ハイギアリールのメリットは何?

 

エギングでのハイギアリールのメリットは何なんでしょう?

ハイギアリールのメリット

・リールのハンドルを回す回数が減るので楽ができる
・1回の巻き取り量が多いので、ラインスラッグの回収が早い
・鋭いジャーキングでも、ラインスラッグが出にくい

私は、主に、ハイギアしか使っていません。
以前は、通常のリールを使っていたんですけど、一度ハイギアを使ったら元には戻れなくなりました。
ラインスラッグの回収が早いのが、いいんですよね〜。

 

ハイギアリールでのメリットをより深く・・・

 

大きくしゃくった後のラインスラッグ回収が早いので、フォール姿勢の変化が出にくい

 

大きくしゃくるとなると、それだけ、ラインスラッグが出ます。
ラインスラッグを回収するには、それだけ短時間でリールを巻かなければなりません。
遅れると、エギの頭が下を向いて沈降しているときに、アクションが加わってしまい、エギのフォール姿勢が途中で変わってしまいます。
そうなると、アオリイカが不審に思ってしまうんです。
それを防ぐには、しゃくり終えたときにラインスラッグをすぐに回収する必要があります。
ハイギアリールだと、ラインスラッグの回収が早いので、自然なテンションフォールが維持しやすいんです。

 

 

 

巻き上げトルクが無いので、ファイトの時間を楽しめる

 

ハイギアということは、それだけ巻き上げトルクが少ないといえます。
車でたとえると、1速に入れて発進するのと、5速に入れ発進するのでは、伝わるトルクが足りない5速では、発進するのが難しいですよね。

 

ギア比があがればあがるほど、トルクが少なくなるんです。
それは、ハイギアリールも一緒です。

 

ハイギアになると、巻き上げ量が上がる代わりに、巻き上げトルクが少なくなります。
エギングに必要なのは、巻き上げトルク。
そこが少なくなるということは一見、不利なのですが、
ファイト時の臨場感と、ヒヤヒヤ感は、通常のリールでは、味わえない楽しいものなんです。

 

こちらは、私も使っている15レブロス2506Hのレビュー動画です。
5000円を下回る価格ながら、とても使い勝手がよく
エギング、ロックフィッシュ、ライトショアジギングにも使える万能のリールです。
よかったら、参考にしてみてくださいね!

 

 

関連記事
リールの性能を活かしてる?ドラグ調整で、エギングが変わる!