エギング ドラグ調整

リールの性能を活かしてる?ドラグ調整で、エギングが変わる!

 

かっこいいエギンガーといえば?
そう!でかいアオリをゲットしたエギンガーがかっこいいですよね!

 

わかりやすいのは、たしかにそうですが、
しゃくるときに、ドラグの「ジャッジャツ!」という音を出しているエギンガーがいるじゃないですか。
ああいうエギンガーって、傍から見ると、「こいつ・・・出来るな!」
って、思いません?

 

エギングをし始めたときは、あのドラグの「ジャッジャッ!」という音を出したくて、
ドラグをゆるゆるにして、音を出しまくってましたよ!

 

さて、どのリールにも、「ドラグ」というものが付いています。

 

しかし、「ドラグの調整」をうまく使っている人は少ないんですよね。
エギングにおいては、ドラグの調整はすごく重要なことになります。

 

今回は、エギングのドラグについてご紹介します!

 

エギングでのドラグの役割は?

 

エギングでのドラグの割合

・しゃくりのときのラインへの負荷を減らす
・しゃくりのときのロッドへの負荷を減らす
・ヒットしたときのバラシ、身切れを防止する
・アオリイカがジェット噴射したときの身切れ、ラインブレイクを防止する

エギをしゃくるということは、ロッドを強くしゃくりますので当然ロッドや、ライン、リーダーに負荷がかかるわけです。
ドラグをガチガチに締めた状態でしゃくると、負荷がもろにかかります。
その負荷は、エギンガーにも・・・。
手首が痛くなったり、腱鞘炎になりますよ。

 

ドラグをガチガチに締めていると、その負荷から最悪ロッドの寿命を縮め、折れる。

 

ラインやリーダーがブレイクする。
そして、ロストにつながります。

 

また、ヒットしたときのバラシ、身切れ。
ジェット噴射したときの身切れを防ぐことも出来ます。
イカのジェット噴射は、甘く見ていると後悔しますよ。

 

以前、釣りに行ったときなんですけど、アジの泳がせでアオリイカを釣っている人がいたんです。
通常は、糸を出しっぱなしにするんですけど、その人は、ベイルを落としていたら・・・。
なんと、アオリイカがかかった瞬間のジェット噴射で、竿が海の中へ飛んでいったんです。
そのくらい、アオリイカのジェット噴射の力は強くなります。
アオリイカが大きくなればなるほど、その力も大きくなります。

 

つまり、アオリイカがエギを抱いて、カンナにかかったとしても、
アオリイカの力で、やわらかいアオリイカの身が切れて、ばらしてしまうわけです。

 

こうなってしまうと、「逃がした魚ならず、イカはおおきい」ということに(涙)

 

ドラグの調整は、どうすればいい?初心者でも出来る簡単調整法潮

 

ドラグの重要性は、しっかりと理解できたと思います。
しかし、ドラグの調整はどのようにするかわかりますか?

 

これはとても簡単です。
必要な道具は、水の入った500mlペットボトルとコンビニのビニール袋だけです。

 

まず、普通に釣りをするように、竿とリールをセットし、エギも取りつけて下さい。

 

次に、500oペットボトルをコンビニのビニール袋に入れ、その取っ手にエギのカンナをひっかけて、そのまま持ち上げます。

 

竿をゆっくり起こして行き、「キリキリ」とドラグから糸が出て行くくらいに、調整して行きます。
「キリキリ」とドラグが出て行くようになれば、調整は終了です。

 

私は、この方法でドラグを調整するようになってから
アオリイカがヒットしてからの身切れやラインブレイクが、ほとんどなくなりましたよ。
あなたもぜひ、この方法でドラグ調整をしてくださいね!

 

こちらはとても参考になる動画です。
ドラグの調整方法が、動画で紹介されています。
この方法で、ドラグを調整してくださいね!

 

 

関連記事
釣れるエギの選び方は、超簡単!たった3つ方法を覚えればOKです。