エギング 着底

エギの着底をドラマチックに演出してイカのおさわりを呼ぼう。

エギングの基本は底取りです。

 

この底取りができるかできないかで釣果にも雲泥の差となって現れます。
実は私もエギングを始めたころは底が分からなく苦労しました。

 

根ガカリも多くなるし、釣れません。
でも今じゃ少々のタフコンディションでも底だけは取れるようになりました。

 

着底が分かれば釣れる確率は向上し、エギのロスも減り、良いことばかりですよ。

 

エギング初心者脱出の一歩は、着底を知ることと言ってもも過言ではありません。

 

そこで私が試して着底が分かるようになった方法を紹介します。

 

PEラインのフケ(たるみ、スラック)で着底を知る方法

 

まずエギを投げます。
着水して放物線に送り込まれたPEがエギに引かれるように伸びていきます。
(あまりにも浅い所ではすでに着底している)
PEは軽いので風の影響大きいのでティップを下げPEを海面に浮かせます。
人差し指をスプールエッジに添えて
緩めず張らずの状態でエギを送り込んでいくとPEがフワッと緩むこれが着底のサイン。

 

海面に浮いたラインが沈む時にできる波紋がみられるような凪の日だと良くわかります。
エギング用のPEラインが視認性の良い白色が多いのはこのため。

 

しかし波が高かったり風が強かったりした場合なかなか着底のタイミングが分からなかったりします。
そんな場合は、次の方法を試します。

PEラインを張って着底を知るテンションフォールをきっちり極める

 

着水と同時に余分な糸ふけを取って、その後、ラインはピンと張った状態を維持します。
そのままエギが沈んでいくのを待ちます。
この時も人差し指でリール近辺の糸を触れておくのがポイント。

 

テンションが無くなれば着底のサイン。
わかりにくければ指で触ればテンションを解りやすい。
つねにテンションをかけながらフォールさせるのでテンションフォールと言う。
慣れてくると「コッ」という感触が分かるようになってくる。

 

初めて挑戦する人には着底までの時間が意外と長く感じられると思います。
特に投げ釣りや底物経験者には長く感じます。

 

でもこの着底までの時間もイカに視られていると想像すれば、なんとなくドキドキしませんか?
デートの待ち合わせで早く着きすぎて、ドキドキしながら待つ。これに似ています。
頭を下にして着底したエギは次のシャクリでイカに抱かれる。
ドラマチックでしょ。

 

ナイトエギングには必須、カウントダウンでの着底を知る方法。

 

真っ暗で月も無く、風もあり、波も少々高いという悪い条件。
このような場合は、おおまかな水深を予想し、エギの沈むスピードで着底を知ります。

 

エギのパッケージに書かれた記載を参考にしましょう。
「1b沈むのに4秒かかります」
などの表記がされているものもあります。

 

それを手掛かりに、想像をめぐらします。

 

例えば上記のエギでカウントダウンして17秒してシャクったところ、
底のアマモやアラメが引っかり明らかに着底していた。
しかし16秒ではなにも引っかかってこない。

 

そうすると、水深は約5bとだいたいの予想がつきます。
なので、次にエギの大きさを変えてもだいたい底取りができるようになります。

 

エギの大きさと沈降スピードの目安

・2.5号で1b沈むのに約5秒
・3号のエギで約3.5秒
・4号のエギで約3秒弱


一番上のエギが2号、2.5号、3号、3.5号、4号

 

それでも着底が分からなければ奥の手を使う

しかしまだまだ風が強く、コンディション最悪の場合はエギチューンです。
イトオモリやナス型オモリ、マスクシンカーで重くします。

 

リーダーにゴム張リオモリを張る方法もアンダーショットリグにしても使えますが、空中でのエギの姿勢、絡みに要注意です。
アンダーショットでは逆にエギのオモリを削り軽くすることもあります。
これらの時もテンションフォールのほうが底取りしやすく、またアオリにエギの存在を気づかせるためにも、絡み防止のためにかテンションをかけたフォールが有効です。

 

いずれの方法でもあらかじめだいたいの水深を予想しておくのことが重要です。

 

底だと思ったらイカが抱いていたり、ただエギが流されているのを解らず、ラインをどんどん送り出していたりする失敗は私も経験済です。

 

実戦ではどのようにするかを解説します

 

これらの底取り方法を知って、実戦ではバリエーションを駆使します。
例えばできるだけ遠投します。
しかしここでテンションをかけてフォールさせればエギは手前に戻ってきてしまう、
そこで距離が勿体ないのでフリーフォールで落とし込みます。

 

水深を予想して底に着くであろう少し前からテンションをかけてカーブフォールさせます。
着底するとコンと手ごたえがあるのでこの時カウントダウンで20秒かかったとすれば、
次から15秒くらいからカーブフォールさせて19秒くらいからシャクリ始めます。

 

これで根の荒いポイントでも攻め切れます。
ちなみに潮に流されてラインがナチュラルに張ってしまう場合は、少しずつ手でラインを出して送ってやります。

 

大事なのは底取りの後です。
底が荒いとすぐに根ガカリの経験はないですか?

 

遠投すればするほどシャクっただけではミチイトとの角度が無いので手前に寄るだけで跳ねあがりません。
PEの浮力を利用した跳ね上げでエギを少し浮かせるテクニックも重要です。

 

まとめ

  • フリーフォールよりテンションフォールのほうが着底が解りやすい。
  • コンディションにあわせ底取りの仕方を変える。
  • タフコンディションではエギを重くして対応。
  • 底取りもサソイのうち

 

おすすめ記事
エギングの大敵!潮がみはご存知?潮が見の原因と対策とは?