エギング初心者からの、脱出。

これを使えば、釣果アップ間違いなし!アワビシートでエギチューン!

どんな道具でも自分用に改造するのって楽しいですよね!
自分にあった自分だけのものが作れますからね!

 

エギも同じなんです。
エギも自分用にチューニングすることが出来るんです。

 

今回紹介するのは、とっても簡単!

 

張るだけで、チューニングできる秘密兵器
【アワビシート】をご紹介します。

 

私が持っているエギには、全てアワビシートが貼ってあります。

 

最初は、こんなもの使っても変わらないんじゃないか?
と、思ってたんですが、貼っただけで釣果が変わるんです。

 

秋の新子のサイトフィッシングのときは、エギの追い方が違います。
春のデカイカのときは、スレたアオリイカでも抱いてきます。

 

その差は歴然です。

 

アワビシートは、どうやって使う?まずは、アワビシートをカットすることからはじめよう!

 

アワビシートは、通常のテープのようにして売られているものが多いです。

 

見ただけでわかるのですが、自分で自分の好みの形にきらなければなりません。

 

私は、そのことをまったくわからなかったので、丸々一枚使って、エギをアワビシートで覆ってしまいました。

 

それでも釣れない事は無いんです。
むしろ、釣れました!

 

しかし、アワビシートも安いものではありません。

 

アワビシートの効率的なカットの方法をあなただけに教えます。

 

基本的なカット方法は、3つあります。

 

1.長方形
このきり方だと、余すことなくアワビシートを使えます。
エギのサイズに合わせて、長方形にきっていくだけです。
取っても簡単なので、初心者におすすめです。

 

2.ひし形(ダイヤ形◆)
◆の形にきっていく方法です。
アワビシートに、ロスが出ます。
しかし、長方形に比べると、私の経験嬢ヒット率が高いです。
しかも、長方形に比べて水の抵抗が少ないためか、はがれる可能性も低いです。

 

3.台形
このきり方をすると、ひし形同様に、ロスが出ます。
しかし、ひし形に比べるとアピール力が高いです。
これも私の経験嬢ですが、釣り人が多いときのハイプレッシャーや、スレてしまったときには、台形のほうがヒット率が高いんです。

 

今は、最初からカットされた状態で販売しているものもあります。
きるのが難しいと思う方はこちらをおすすめします!

 

 

切り出したアワビシートは、どこに貼るのが効果的?

 

切り出したアワビシート!

 

さて!
エギに貼っちゃうぞ!

 

と、エギを見てもどこに貼ればいいのか?

 

お腹?
シンカー?
頭?

 

と、悩む方が多いでしょう。

 

私は、エギの頭、お腹、背中に貼ったり、

 

はたまた、長方形に切った物で胴体をぐるっと回るように張ってみたりしました。

 

一番ヒット率が高い場所は、エギの背中なんです。

 

なぜだと思います?

 

アオリイカは、基本的に、エギの後方斜め上から抱いてくるんです。
しかも、アオリイカがフォールしているときは、背中を突き上げてフォールしていきます。
このフォールのときに一番アピールできるのが、背中にアワビシートを張ることなんです。

 

貼る場所は、基本的に背中!

 

このことを忘れないように、貼ってくださいね!

 

おすすめアワビシートはこれだ!

 

いまや、アワビシートはいくつもの種類があります。
色も様々です。

 

私もいろいろなアワビシートを買って、切り方も変えて、エギングに行きました。

 

そんな中でも、私が自信を持って、おすすめできるアワビシートをご紹介します。

 

あわび本舗のアワビシートです。
理由は、他のアワビシートよりはがれにくく、エギのような曲面でもやわらかくフィットします。
そして、なんといっても薄さです。
他社のアワビシートに比べると、薄いので、エギの動きが変わらないんです。

 

アワビシートを貼っても、張る前とまったく変わりません。
貼ったと言うこともわからないくらい、変わらないんです!

 

ぜひぜひ!
あわび本舗のアワビシートを使って見てください。

 

 

ここでご紹介した

  • アワビシートのきり方
  • アワビシートの貼る場所
  • おすすめアワビシート、アワビ本舗のアワビシート

 

を使って、自分だけのエギチューンをしてください!

 

それでも釣果があがらない場合は、
さらに秘密のアワビシートの貼り方があります。

 

友達追加で、その秘密のアワビシートチューンをプレゼント中です。↓↓

友だち追加

 

(講座に参加されても、こちらからは名前もわかりません)
(なので、気楽に参加して下さいね!)